弘中綾香、テレビでの姿は「私であって私でない」アナウンサーとしての葛藤と“他人任せ”な人生論

thumbnail image1: なまえないよぉ~ 2022/09/22(木) 06:16:04.10 _USER9「激レアさんを連れてきた。」「あざとくて何が悪いの?」「ノブナカなんなん?」など数々の人気番組に出演するテレビ朝日の弘中綾香アナウンサー。彼女がこのほど、自身初のエッセイ集「アンクールな人生」を発売した。著書では「カテゴライズされる窮屈さや、謂れのない憶測も心から嫌だった」との葛藤もつづっており、「“テレビの中の私”は私であって私でない」という感覚があることを明かす。その一方で執筆することについては「私が1語1句全部書いたもの。文章を書いて発信できる仕事をさせていただけたことは、本当に大きかった」とし、「執筆の仕事がなかったら、アナウンサーを続けているかわからなかった」とも語った。 ■早くから“競争社会”を意識していた…中学受験は「成功体験として衝撃的だった」 (※中略) ■女子高生…

このサイトの記事を見る

タイトルとURLをコピーしました